ページ内を移動するためのリンクです。

on a ダイエット!

美容に関するクチコミが満載!いつまでもキレイでいたい女性のための情報ポータルサイト「美容情報.jp」

NEW!新着記事一覧

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > 食生活トップ > ■いったん鵜呑みにしてみる、ということ

■いったん鵜呑みにしてみる、ということ

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

↑初めての方は「リンク集」から読んでね~

 

クリックブログ村 摂食障害

クリックブログ村 過食症・過食嘔吐

クリック摂食障害ブログランキング

 

*本文の前に

 

▼申し込み受付中

メモ @大宮駅徒歩5分--------------

 (↓東京,池袋から25~30分程度)

 右矢印8/11摂食障害の方の
  「ご家族と恋人」限定会お申込み

右矢印8/18&19当事者会お申込み

  (家族恋人も参加可)

★夏期は9/1札幌も訪問します。申込み開始までもう少しお待ちください。

 
 
こんばんは。ステップあやです。
 
先日の記事に頂いたこちらのコメントで思い出したことを今日はひとつ。
-----------
 

本でもブログでもずっと伝えてくれてきたことですが、改めて今、私の中に違う響きがありました。

元々、病気の症状としてカロリーをきっちり、とか、計算するタイプではなかったのですが入院しカロリーにきっちり管理されるようになり、異様にカロリーが気になる時期がありました。

で、少し今になり気が付いたのですが、
何カロリーだから食べても大丈夫、
何カロリーだから体重はこのくらい増える、
何カロリーだからこの増え方←やはり減る時も実際はありさらにカロリーアップしていき、つまりは代謝とかと関連していく経験もできたのですが。

自分では食べることが出来ない、

拒食や過食、嘔吐していた私にとり、
自分で決められないから、

カロリー表示が決め手?になっていたのかもしれません。

 

判断基準。

納得できる理由みたいな。

決断させる要因条件みたいな。

その単なる数値?にも関わらず
目に見えるものだから安心?できるのか、、、

何より、世間でのカロリー神話がやっぱり

大きな影響、基準、常識、当たり前になり、

 

でもそれは
信号は赤だと止まれ、レベルな

理由や仕組みは知らない、

知る必要もないくらいそういうものなのだ、

と思っていました、

今回あやさんの記事から、
これでカロリー神話が崩れて、

そのカロリー計算や、

 

痩せる太ると

カロリーの繋がり方とか今までのものが

それは間違っているという情報が広がり、
それが今度は当たり前になったら。。。

 

きっとそうなんだ、

そういうことなんだ、と、

一般的に、今度はそれが

自分の中の当たり前になるんだな、と。

自分が試して、、ではなく。

世間が言うからみたいな。

つまりは、やはり、

自分が、、、

自分の場合は、、
自分が決める、
自分の体=自分のこと、にも関わらず

自分では決められないから

その判断基準を世間に求めたり、

情報が決め手になったり。

うまく言えませんが、やはり

あやさんが再三伝えてくれてる

 

”外ばかりに目が行き

自分の中に見出せないこと”とか、

 

”良い悪い、正誤、善悪で考える癖だったり

(〇か×の二択)

 

その基準が

自分の内ではなく

外の反応だったり、、、

大袈裟かもしれませんが、

生きるために必要な

すがるような、何か、、、
 

 

カロリーは

病気の人に限らず、

食べる食べないを判断するための

アイテムの一つになっていたんですよね。

 

それを気にしない人が

まさに自分が基準、

自分がその時に自分の欲?状況状態、

~~がいい、~~したい、~~の気分、

そんな風に自分の中に決め手があり

自分が答えになっているんだなと感じました。

 

わかりにくくてすみません。

コロコロ変わる情報より、
その時々に変わる、

いや、その時々だから変わる自分に

基準をもてるようになれたら、

決め手は自分で生きていけたら、、、

生きやすさになるのかなと感じました。

ありがとうございます。

----------
 
ゆうさんからのコメントでした。
 
色んな気づきがあったね。
教えてくれてありがとね!
 
 
まさにね、最終的にはそうなの。
 
その時々の自分に聞いて決めていくこと。
 
食べるも食べないも
何を食べるかどうかも
運動するもしないも
するとしたらどんな運動をするのかも
 
今勉強するのかしないのかも
どんな仕事をどんな形でやるのかも
 
頑張りたいこと好きなことを
どこまで頑張るのかどうか、
 
摂食障害治すのか治さないのか
 
人との比較で生きていくのか
比較で生きるのやめるのかも、、
 
ぜーーんぶ
別にどっちでもよいなかで
自分がどうしたいかなんだ。
 
別に摂食障害だからって
治さないとだめなわけじゃないし
 
別に、
誰かが決めた食べ方、生き方の
~べき、べきでないの正解に従って
生きてる方がラクで心地良いと感じる人も
同じ人でもそういうときもあるだろうしし。
 
だけど、
 
食べることでも
生きることでも
 
いったん色んな
~べき、べきでないの情報鵜呑みにして
暗示にかかっちゃったら
 
そこから立ち直るときに
自分にどうしたいか
したくないか聞いてみても、分からないと思うんだよ。
 
いったん信じた宗教
(食べ方や生き方の、~べき、べきでない)
の考えがすでに強迫観念になってるから。
 
その強迫観念が楽なように
食べてる(生きてる)方が
楽なことのようなきもするし。
 生活全体でみたらツライのだけど、、。
 
 
なのでね、
自分の感覚を信じるためには
いったん自分以外の誰かの考えを、
鵜呑みにしてみるっていうのも
大切だと思うのね。
 
 
私が今
人がどうでも自分は
自分の好きなように
生きてていいと当たり前に思ってる考えも
 
勝手に自分の中から湧き出てきたわけじゃなくて
 
そもそもは、それをしていて
人生楽しく生きてる人に
そんな生き方があること教えてもらって
その人を信じてみようと思ったから
私も恐ろしくてもやってみようと思えたのだし
 
カロリーの縛りだけじゃなくて
いろんな食や運動の縛りも
 
私の~べき、べきでないと全く逆の
考え方や別の考えを知って
いったん丸のみにしたから、なんだよね。
 
そっち信じたほうが私が心地よさそうだ、
って思ったから、怖くても、
今までと違うことするのは怖くても
そっち信じるって決めたわけで。
 
 
見聞きした情報全部
丸のみにしてたら
そんなの不可能だしから壊れてしまうけど
 
自分縛ってるルール、
しなくていよ、って証拠になる情報は
信じたら心地よくなるから
実際やるとなったらすっごい怖くても
信じるってきめた。
 
べき、べきでないの縛りで
つらくなっているなら
それを信じられたあら
縛りを緩められるのにな、、って感じた
考え方や生き方や食べ方に出会ったら
自分の感覚よりもそっち信じるぞって。
 
 
ダイエットも人生も
絶対~べき、~べきでないって
強迫観念になってるのは
 
いつか、どこかで聞いた考えに
”暗示”にかかってる状態だからね。
 
どんな暗示も
その人が幸せな暗示はいんだけど
ツライのにやめられないってなってるなら
辛くない暗示にかけなおせばいい。
 
食べ方も生き方も
こーしてないとだめっていう
暗示にかかってるから
それとちがうことをするのは
怖くて当たりまえだけど
 
だからこそ、

暗示にかけなおすんだよ。

↓↓
強い暗示にかかってるときって
自分の感覚に戻ったら
いつものツライ”べき、べきでない”
それをしてないとツライ、ていう
感覚しかなくなってるから
 
本当は
何がしたくてしたくないのか
何を食べたくて食べたくないのか
わからなくなってる。
 
 
だから、信じたいと思う
誰かの言葉や考え方を
いったん鵜呑みにしてみる、というのも必要と思う。
 
最初は自分のしたいも、したくないも、
よくわからないから
誰かのやったこと、考え方を
マネしてるだけかもしれないけど
 
自分のひっぱられやすい
~べき、べきでない、
これをして安心じゃなくて
これを自分に許してくことが
自分に必要なんだ
っていうこと忘れないでいれば
 
そのうちに、
自分の食べ方ややり方にたどり着くよ。
 
 
わたしのときもね
特に摂食障害のときもうつのときも
食事や生き方の自分を苦しめる”ねば・べき”
って信じた考えかたは、
もうあたり前になってるわけだから
 
それと違うことするって怖いし、
違うことすると罪悪感で一杯になってた。
 
でもその自分の感覚に支配されてるときは
そんな自分を信じてたらやっぱり
何にも変わらない、変えようと思えなかった。
 
自分じゃどうしてもだめで
変わっても大丈夫だよって
怖くても自分の〇×と逆のことやってごらん
大丈夫だから、、って、
そう導いてくれる人や考え方の方を信じて
行動を変える勇気になったし
 
行動変えるときは怖くても
もっとその先のラク*楽しい*心地よいを
信じてやってこれたんだ。
 
誰かや何かをしんじることで
だんだんラクになってくると
それまでは支えにしてきた杖-情報や考え方が
かえって邪魔くさくなってきて(笑
これは私はもういいかな~って手放せるようになったニコ
 
松葉づえも必要な時は必要だけど
それが必要なときは頼りながらも
歩ける体力戻ってきたら
いらなくなるのとと同じことと思う。
 
**
 
なかなか変わりたくても変われないときって
 
”苦しい食べ方・生き方”、
凄くそれに苦しんでるのに
それを変えたらダメという理由や
変えなくてもいい理由を
いろーんな人、いろんな情報から
都合よく見つけては

ほらやっぱり・・・って
今の自分を苦しめる
食べ方、生き方の縛りを
肯定する証拠集め”ばかりしていたりする。
 
信じたいと思った人がいても
自分の~ねば、べき、の方を肯定するような
情報や考え方やそういう人を
あちこちからさがしてるの。
 
今だったらネットやSNSでもっと見つけやすいから
 
自分が苦しんでる
食の~ねば、べき
運動の~ねば、べき、
体重管理の~ねば、べきを
”良いこと”としてたり
”すべきこと”としてる情報ばっかり探して
ほら、やっぱり食べちゃだめなんだ
ほら、やっぱりラクに生きるなんてだめなんだ
ほら、やっぱり食欲我慢しないとダメなんだ
ほら、やっぱり太る=ダメなんだ
 
って自分の中の思いこみを
ほらやっぱり正しい、ってして
変わらないでいい証拠集めしてる人も多いかもしれない。
 
 

自分が信じられないっていいながら

いったん信じた自分の考え
(~べき、べきでない)は
生き方でも食べ方でも誰がなんていっても
ぜったいだ!って信じて疑わない、

 

自分に自信がないっていいながら
そこの考えだけはちょー自信満々

 

 
ってなんか変なことになっている。

 

でも、それもそのはず、

 

いつかどこかで聞いた考えに
暗示にかけられてしまったわけだから。
 
それと違うことするってすごい怖い。
だから変えたくない。
 
でもそれで苦しいならば、、
ラクになるポイントってきっと
そこなんだよね。。。
 

 

皆さんを見ていても、

 

自分にダメに決まってるって
決めつけるばかりの自分の声より、
そーじゃないよっていってくれる人の
考え方やその人がやってる生き方の方を
 
いったん鵜呑みにしてみよう!

って行動、生き方を
変え始めるのが最初で

 
そこからだんだんと
自分軸で食べることも
自分軸で生きることも
できるようになるように思います。
 
 
だから、、ゆうさんも、
誰かの情報に流されることが
必ずしもダメ、じゃないと思うから
 
誰かや何かを信じることを
新たな”禁止(べきでない)”にしないでいいし
治ったあの人、
らくに生きてるあの人と同じことをしようかな、
って思えたら、思い切って
その波にのって流されてみてもいいと思いますニコ
 
 
ポチっとな一日一回、皆さんのバナー応援クリックが励みです。  
皆さんの↓一日一回ぽち↓が励みです

>> 続きをみる

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

「燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!」のプロフィール

ステップあやさん

18年のダイエット依存、摂食障害を克服。栄養不足で太りやすい体質になり一時は拒食+過剰運動で60キロまで太りましたが心と体、両面からのアプローチで摂食障害克服&ダイエットも成功

無理なダイエット、嘔吐、過剰な運動を続け”拒食症のおでぶ”になった私が語る、真のダイエット法。ダイエット依存や摂食障害からの脱出はもちろん、同時に幸せと食べて太らない体の両方を手にする方法です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ameblo.jp/step-aya/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...